2018年10月30日

「大塚ものがたり VOL89」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。定番のコ−ヒ−を見つけたい・・・。エチオピア産のモカシダモに決めました・・・。自家焙煎コ−ヒ−工房 冨久豆さん。

冨久豆さん。春日通り。丸の内線の新大塚駅と都電の向原の停留所の間にある坂道を・・・。少し・・・。降りたところにあります。
全種類ではありませんが・・・。色々と飲み比べてみた結果・・・。自分の定番のコ−ヒ−。エチオピア産のモカシダモに決定いたしまた(笑)。
モカシダモを飲んだ感想です。苦みよりも酸味・・・。香りが良い・・・。他のコ−ヒ−とは少し違うという・・・。印象を持ちました。
モカシダモを選んだ理由ですが・・・。正直なところ・・・。アラビカ種のコ−ヒ−の起源の土地だと言われている・・・。モカシダモの・・・。エチオピアの・・・。『物語』で・・・。選んだところもあります・・・。開発の進んでいない土地では・・・。野生のコ−ヒ−の木が自生しているそうです。『元祖』という言葉の響きに・・・。惹かれました(笑)。
飲み比べをしてみて・・・。コ−ヒ−の差別化・・・。なかなか難しかったです・・・。
モカシダモ。200g(豆の状態です)。1112円(税込1200円)。コ−ヒ−を注文すると、ホットかアイス。コ−ヒ−を一杯、サ−ビスしてくれます。焙煎していただいている間に・・・。コ−ヒ−の良い香りに満たされて・・・。コ−ヒ−を頂く・・・。日曜日の午後の至福の時間です。焙煎は午後からとなります。

手前味噌ですが・・・。当店の新米も・・・。全部・・・。美味しくして・・・(笑)。差別化するの・・・。なかなか難しいと思いました・・・。お米のお好みの銘柄・・・。それぞれのお米の銘柄の物語で・・・。選んでみるのも・・・。選択方法の一つの手段かと・・・。思いました。

自家焙煎コ−ヒ−工房 冨久豆 東池袋5−44−21

posted by daichoukome at 20:48| 知っ得情報

2018年10月28日

「東長崎ものがたりVOL107」商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。大人のおやつ・・・。足立屋煎豆店さんの豆菓子。

さすが・・・。専門店さんならではです・・・。豆菓子・・・。沢山の種類があります・・・。今回は、先日、購入しました「きなこ」「抹茶」「黒ゴマ」の三種類をご紹介・・・。ふわっと軽い食感。「きなこ」「抹茶」「黒ゴマ」の上品な味わいが口の中で拡がります。サイズは大・中・小とあります。美味しくて・・・。ついつい・・・。もう一つと・・・。口に運んでしまうので・・・。小で食べきりが・・・。良いかもしれません・・・。
懐かしいもの・・・。新しいもの・・・。大人のおやつが沢山並んでいます・・・。
長崎十字会商店街。今日は秋のフリマです。天気も良いようです・・・。是非!!!会場に足を運んでいただけたらと思います。

足立屋煎豆店 長崎4−7−17



posted by daichoukome at 08:24| 知っ得情報

「東長崎ものがたり VOL106」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。ことぶきやさんのハロドラ・・・。

ハロドラとは・・・。東長崎の和菓子の名店。ことぶきやさんの季節限定のどら焼き・・・。ハロウィンどら焼きの略称です・・・。カボチャの餡にぎゅうひ(お餅をもう少し透明にしたような感じで・・・。程よい甘さです。)が入っています。可愛らしいハロウィン柄のパッケ−ジです。ハロウィンパーティーの手土産に・・・。おススメです。1つ167円(税込180円)です。
ここ数年・・・。ハロウィン・・・。盛り上がっていますね・・・。商店街も商店も・・・。時代とともに変わらなければ・・・。いけないですね・・・。日本全国の商店街の皆様・・・。個人商店の皆様・・・。頑張って商店街を盛り上げていきましょう!!!
松露ことぶきや 長崎4−4−8
posted by daichoukome at 08:07| 知っ得情報

 新米 30年産 山形県産 つや姫 特別栽培米


置賜地区。盆地なので、昼と夜の寒暖差が10度以上になる日もあります。寒暖差が美味しいお米を育てます。
二千メ−トル級の山々に囲まれています。冬、降り積もった雪は、春になると雪解け水になり、置賜の大地にそそぎます。
粒はやや大きめ。名前のとおり、「つややか」です。こしひかりよりも多い旨み成分。粘りとやわらかさの絶妙なバランス。
当店でも、新潟こしひかりと人気を二分しています。リピ−ト率も高いです。
5kg 2825円 税込価格 (税込価格3050円)
2kg 1167円 税込価格 (税込価格1260円)
posted by daichoukome at 07:08| 取扱い商品一覧

2018年10月24日

「大塚ものがたり VOL88」商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。十店十色・・・。商店街の中華料理の各店・・・。美味しい餃子ですが・・・。今回は金竜本店さんです・・・。

金竜本店さんにて・・・。手作りジャンボ餃子をテイクアウトしました。名前に負けない・・・。ジャンボさです。一個・・・。93円(税込100円)です。ゴマ。ニンニク。シソ。三種類あります。自分にとって・・・。餃子と言えば・・・。「金竜本店」さんです!!!餃子好きな方・・・。是非・・・。金竜さんの餃子・・・。召し上がってみてください・・・。
金竜さん・・・。サンシャインシティ−のアルパさんにもお店がありました。アルパ店さんで食べた思い出があるという方達も・・・。多いと思います・・・。南大塚3丁目の金竜本店さんで・・・。懐かしい味に再会できます・・・。
商店街・・・。沢山の方達に伝えたい・・・。次の世代の方達に残したい・・・。逸品が沢山あります・・・。大切なものは・・・。無くした時に・・・。分かるものです・・・。商店街のない東京の町・・・。
お近くの商店街・・・。個人経営のお店・・・。少し・・・。入りずらい雰囲気があるかもしれませんが・・・。ご来店。お待ちしております。

金竜本店 南大塚3−42−7
posted by daichoukome at 20:28| 知っ得情報