2018年07月12日

「東長崎ものがたり VOL93&94」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。安定感が凄いです!!!夏の定番&手土産の定番・・・。ことぶきやさんのかき氷&くるみ大福。

ことぶきやさんのかき氷・・・。これを食べますと・・・。いよいよ・・・。本格的な夏・・・。ここ数年の・・・。鉄板です。
シロップたっぷり・・・。186円(税込200円)から。費用対効果(笑)。高いです!!!和菓子屋さんならではの・・・。シロップがおススメです!!!
わざわざ・・・。電車に乗って買いに来て下さるお客様も多いと伺いました・・・。1つ149円(税込160円)。くるみ大福・・・。手土産として持参した方達の反応・・・。毎度毎度・・・。とても・・・。褒められます・・・。
東長崎の・・・。手土産の・・・。定番です!!!
商店街には・・・。贈られた方達が喜んでくれる・・・。美味しい物が沢山あります。日傘をさして・・・。ぶらりと商店街を散策・・。お待ちしております。
ことぶきや 長崎4−4−8

posted by daichoukome at 20:30| 知っ得情報

2018年07月08日

「お米の話 其の二十五」 業務用のお米が・・・。心配です。

家でご飯を炊くという人が減少していくなか・・・。米の消費を下支えしてくれているのが・・・。コンビニさんのお弁当やおにぎり。パックご飯などの・・・。業務用で使われている・・・。通称・・・。業務用米です。年々、消費量が減る中。唯一。成長が見込まれる・・・。分野です。
但し・・・。需要があるにもかかわらず・・・。業務用米・・・。不足しています。本来、業務用米として流通するお米が・・・。飼料米に・・・。転用されています・・・。
作付け量を制限してきた『減反政策』が廃止された今年度からも・・・。米の流通量の4割のシェアを握るJAグル−プが音頭をとっても・・・。業務用米の生産量の拡大・・・。販路の拡充・・・。なかなか、拡がっていきません・・・。
原因の一つとして、減反政策の代替えとして導入された飼料米政策(高額な補助金を使って主食米を牛や豚などの家畜のエサにします)が考えられます。
何故・・・。需要のある業務用米の拡大は不充分で・・・。飼料米の生産は増えるのか・・・。
業務用米を作るよりも・・・。品質などでクレ−ムもなく・・・。補助金で収入も補償してくれる・・・。飼料米を作るほうが・・・。楽だからだと推察されます。
飼料米の生産量は年間約50万トンに達しました。この数字は北海道や新潟県の主食用米の生産量に匹敵します。
ここ3年間で、業務用米の価格は約40%も上昇しました。業務用米の価格が上昇すると・・・。外国産米の輸入量が増えるというデ−タ−があります。価格上昇が国産米の消費量を減らすというリスクも考えられます。
業務用米の生産量の拡大の動きが無いわけではありません・・・。三重県の鈴鹿市では、業務用米の用途として、60戸の農家がコシヒカリよりも収量が多く売値が安い銘柄の作付けを昨年度の5倍に拡大しました。
需要があるのに・・・。市場の要望に応えようとしないと・・・。日本の農業が日本の市場に見放されないかと・・・。心配になります・・・。
当店は日本の農業を応援しています!!!!
北海道、西日本の豪雨被害・・・。心配です・・・。
天災・・・。農家の方達の高齢化・・・。などなど・・・。考慮しますと・・・。飼料米政策の見直し・・・。するべきだと思います・・・。


posted by daichoukome at 08:34| 知っ得情報

2018年07月04日

「大塚ものがたり VOL79」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。 新装開店の「ぶら酒場」さんに・・・。ぶらりとではなく・・・。予約をして・・・。お伺いしました。

先週の土曜日・・・。「ぶら酒場」さんへ・・・。予約ということではなかったのですが・・・。前を通った時に・・・。イケメンのスタッフの方に・・・。土曜日・・・。伺いますという旨を報告・・・。
「スミマセン・・・。土曜日は20時閉店です・・・。」との事。
帰宅後、シャワ−を浴びてから・・・。伺おうと思っていたのですが・・・。それでは間に合わないので・・・。
帰宅前にぶらりと立ち寄らさせていただきました。
『ぶら酒場』さん・・・。名前の通り・・・。ぶらりと立ち寄りたいお店です!!!!
今まで・・・。一人で飲みに行くこと・・・。殆ど、なかったのですが・・・。
『ぶら酒場』さんなら・・・。
一人でぶらりと・・・。立ち寄ってみたいと・・・。思いました。
『ぶら酒場』さんで・・・。一人飲みデビュー・・・。近日・・・。デビューしてみたいと思います!!!!
一人飲みデビューをしてみたいと思っている方達に・・・。お薦めのお店です・・・。是非!!!!
お通しはないと思います。
居酒屋に行ったら・・・。これは頼むだろうなという・・・・。鉄板のメニュ−です。価格は一人前をベ−スに設定されていると・・・。推察されます(笑)
お酒類・・・。酒好きの・・・。満足のいく品揃えです・・・。
テ−ブル席もあります。

『ぶら酒場』 南大塚3−51−1 


posted by daichoukome at 20:18| 知っ得情報

2018年07月01日

「巣鴨ものがたり VOL35」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。すがも園さんでクリ−ムソ−ダ・・・。懐かしい味がしました。

クリ−ムソ−ダ(炭酸水にかき氷のメロンシロップを割ったもの=ソ−ダ水にアイスクリ−ムを乗せたものです・・・)。懐かしい・・・。昭和の味です・・・。

小学校の二年生に進級する時に、長崎から大塚に引っ越しました・・・。それ以前の・・・。45年位前の・・・。思い出です。
長崎店の隣にクサカさんという洋食屋さんがありました・・・。日曜日に・・・。クサカさんのカウンタ−で・・・。生まれて初めて・・・。クリ−ムソ−ダを・・・。いただいた記憶があります・・・。とても美味しくて・・・。衝撃でした(笑)

叔母が、北大塚でキャリオ−ルというカレ−シヨップを経営していました。
小学校の頃・・・。週刊の漫画本を読みに・・・。放課後・・・。通い詰めていました。
月曜日はジャンプ。水曜日はサンデ−。マガシン。金曜日はキング。土曜日はチャンピオン。
カウンタ−に座って・・・。クリ−ムソ−ダを飲みながら・・・。漫画本を夢中になって読みました・・・。

ストロ−で泡を飲み・・・。
アイスクリ−ムを食べる・・・。
最後は・・・。アイスクリ−ムの溶けた・・・。ソ−ダ水を飲み干す・・・。
チェリ−は最後にいただきます・・・。

久しぶりに・・・。いただいたのですが・・・。食べ方・・・。変わりませんでした(笑)

すがも園さんの店内・・・。昭和の雰囲気が・・・。

とても懐かしく・・・。美味しかったです!!!

昭和の雰囲気を感じに・・・。巣鴨地蔵通り商店街を・・・。ぶらりと散策・・・。お待ちしております!!!

巣鴨体育館でひと泳ぎをした後に・・・。寄らせていただきました。次回は名物のタンメンか・・・。かき氷を・・・。いただく予定でいます。



すがも園 巣鴨3−20−17








posted by daichoukome at 21:09| 知っ得情報

2018年06月24日

「お米の話 其の二十四」 減反廃止スタ−ト。 増産・・・。減産・・・。作物の切り替え・・・。傍観・・・。

30年産・・・。今年の秋に収穫される新米から・・・。約50年間続いた減反政策が廃止されました。減反政策。戦後、米の増産が進み・・・。コメ不足からコメ余りの状況に・・・。価格下落を防止する目的で・・・。制定されました。
毎年、国が各県に米の生産量を指示。供給量を調整することで・・・。価格の暴落を抑えられますが・・・。農家さん達の自由な生産を・・・。創意発展の気概を・・・。奪ってしまっていたとも・・・。言えるかもしれません・・・。
今回の廃止・・・。コメ余りの状況(=供給過多)が改善される見通しがあるからではありません・・・。このままでは・・・。日本の米作り・・・。ジリ貧になってしまうという危機感からだと・・・。推察されます。
減反政策の廃止。政府の政策の転換で・・・。簡単に・・・。日本の米作りが好転するとは・・・。到底・・・。思えません。
日本の米作りの自立。活性化。発展。・・・。大変、厳しいと思います。

30年産の作付け。34都道府県が前年並み。米どころを中心に、6県が増産。7府県が減産です。
米どころの新潟、秋田が増産という事で・・・。相場感は若干の下げの予測です。どちらにしても・・・。極端な上がり下がりは・・・。止めてほしいというのが・・・。米の流通業者の・・・。切実な願いだと・・・。思います!!!

JA秋田ふるさとはとうもろこしや麦を作っていた畑を水田に戻しました。
JAやまがたは水田を整地し、キュウリ畑にしました。きゅうりの売り上げ、米の単位面積の30倍だそうです。

簡単な話ではないと・・・。思いますが・・・。どれだけ時代が変わっても・・・。農業が人間の暮らしに・・・。重要な事は・・・。不変だと思います。当店は日本の農業を応援しています!!!



続きを読む
posted by daichoukome at 06:47| 知っ得情報