2019年08月15日

「千石ものがたり VOL15」 料理評論家の岸朝子さんの愛したお店・・・。居酒屋一馬さん改め・・・。肉バルOLAさんへ・・・。「おいしゅうございました。」

一馬さんが業態変更。肉バルOLAさんとしてリニューアルオープン致しました。OLAはポルトガル語で気軽な挨拶を意味するそうです。仲間と気軽に楽しい食事と時間を過ごしてほしいという気持ちを込めて名付けられました。
夏休み中ということもあり・・・。自宅(南大塚1丁目)から徒歩で・・・。ゆっくり歩いて30分までかからなかったです。バスや電車を使っても時間的には変わらないと思います。
夏休みのメ−ンイベントでしたので・・・。お腹を空かして伺ったのですが・・・。いただいたメニューを思い出しながら・・・。よく食べたなぁと・・・。驚いてしまいました・・・。本当にあれもこれも注文したくなる・・・。美味しそうなメニュ−が並んでいます。
前菜の盛り合わせ。農園野菜のバ−ニャカウダ。ロ−ストビ−フ卵黄ソ−スがけ。大山鶏の唐揚げ。馬刺し。ピザはマルゲリ−タ。アボカドのチ−ズ焼き。アサリのガ−リックバター。ブラックアンガス、牛ステ−キはザブトンが売り切れでリブを。ガ−リックト−スト。豊富な黒板メニューから、とうもろこしのフリット。にんにくオイル焼き。牛すじの洋風煮込み。テイクアウトで大山鶏のかりかり焼き。ピザのクアトロフォルマッジ。どれも本当に美味しかっだです!!!
美味しい料理には美味しいお酒・・・。こちらもついつい沢山頂いてしまいました。ハ−トランドビ−ル。メ−カ−ズマ−クのハイボ−ル。国産クラフト、ジン六とウオッカ白のソ−ダ割。
2800円からパ−ティ−セットもあります。飲み放題のコ−スも。ランチもやっています。
料理もお酒も和洋折衷の良いとこどりです。ママさんのフレンドリ−な接客も魅力です!!!

肉バルOLA 本駒込2−9−3 三田線千石駅から徒歩すぐです。


続きを読む
posted by daichoukome at 08:49| 知っ得情報

2019年08月14日

「東長崎ものがたり VOL147」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。 青鯛。初めて食べました!!!ささき寿司店さんの細巻き寿司&太巻き寿司。

先月の下旬の話になってしまいますが・・・。ささき寿司店さんへ。大定番の太巻きと旬の食材を楽しめる細巻きを購入しました。
真あじ。クリ−ムチ−ズ。いくら。アボカド。おくら。青鯛。青鯛は生まれて初めて食べました。東京では夏の高級魚として珍重されています。プリッとした歯ごたえ。とても美味しかったです!!!アボカドもおくらも酢飯と海苔ととても相性良し!!!美味しかったです!!!ささき寿司店さんの細巻き寿司で生涯初物(笑)の鮮魚・・・。楽しんでいます。
ささき寿司 南長崎5−31−7
posted by daichoukome at 10:04| 知っ得情報

2019年08月13日

「東長崎ものがたり VOL146」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。東長崎の夏の定番です。ことぶきやさんのかき氷。

先日行われた十字会主催の「夏祭り」も大盛況だったと伺いました。十字会の青年部の皆様、お疲れさまでした。有難うございました。
東長崎の夏の定番といえば・・・。やっぱり、ことぶきやさんのかき氷は外せません・・・令和になってから初のことぶきやさんのかき氷。みぞれ。宇治。あんず。三品をテイクアウト!!!エコはできる事からという事で・・・。フタはもらいませんでした。自家製のシロップがこれでもかと・・・。たっぷりとかかってています。午後のひと時。話に花が咲きました・・・。

松露ことぶきや 長崎4−4−8

posted by daichoukome at 08:37| 知っ得情報

2019年08月12日

「巣鴨ものがたり VOL57」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。 ふわっふわっなかき氷でした。巣鴨園さん。

昨日の午後、かき氷を食べにすがも園さんに・・・・。非日常というのは、何も秘境に行くとか、海外に行くとか、高級レストランで食事をするとか・・・。特別な事をしなくても味わえるものなんだなと・・・。思わせていただいた時間でした!!!普段は地蔵通り商店街の風景の一部になって台車で納品していますが・・・。ゆったりとした時間の中で・・・。昭和歌謡と風鈴の音色をBGMにかき氷を頂きながら地蔵通りの雑踏を眺めるのは・・・。非日常な時間でした・・・。
ガリガリでもザクザクでもない・・・。ふわっふわっなかき氷でした!!!
すがも園 巣鴨3−20−17
続きを読む
posted by daichoukome at 09:44| 知っ得情報

2019年08月11日

「お米の話 其の三十八」 食品ロスについて・・・。 

食品ロスとは、食べられるのに捨てられてしまう食品の事をいいます。環境省の推計によりますと、2016年度の食品廃棄物は2759万トン。このうち『食品ロス』は643万トン。約23.3%を締めています。この数字は国連世界食糧計画(WFP)が1年間に途上国などに援助する量の約2倍にあたります。
神奈川県のリサイクル業者さんのお話によりますと・・・。運ばれてくる食品廃棄物のほとんどが食べられる状態だそうです。ベルトコンベア−に載せられた食べ物は作業工程を経て家畜の飼料にリサイクルされます。但し、殆どの食品廃棄物はリサイクルされずに・・・。焼却処分されるそうです・・・。つまりは・・・。ゴミとして扱われています。異物などが混入していて、食品が回収されたというニュ−スに接した場合には・・・。まだ食べられる食品がゴミに変わってしまったかもしれないという事実にも・・・。思いを巡らせる必要があるような気がします・・・。
食品ロスを減らそうという動きもあります。国会では食品ロス削減推進法案が衆議院を通過しました。大手小売りのコンビニさんでも売れ残りの食品の削減策として値引きの販売を容認する方向になりました。食品ロスの原因はメ−カ−さんや小売業者さん達だけの問題ではありません。食品ロスの45.3%は家庭から出されています。
食品ロスを減らす為には・・・。メ−カ−、卸売業者、行政、政治家、消費者、メデイア。皆が、食品をゴミにしないという気持ちを共有して、工夫をしていくことが大切だと思いました。
当店は日本の農業を応援しています!!!
続きを読む
posted by daichoukome at 09:34| 知っ得情報