2017年04月25日

「大塚ものがたり VOL50」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。 大人のおつまみ。豆腐屋「えん重」さんの「生ゆば」。

たけのこご飯を作るので、油揚げを買いに、豆腐屋さんの「えん重」さんへ。パックに入った「生ゆば」。400円(税込)。迷わず、購入。毎日、あるわけではないと思います・・・。
「生ゆば」・・・。料理屋さんで食べるときは・・・。ちよこっとの場合が多いと思うのですが・・・。たっぷりと入っていました!!上州屋さんで買った胡麻焼酎「紅乙女」の水割りのおつまみとして・・・、わさび醤油で美味しくいただきました。
商店街には、大人も大満足の美味しい、『大人のおつまみ』がたくさん、あります!!お近くの商店街、是非、ご来店下さい!お待ちしております!!
豆腐屋 えん重 南大塚1−48−13
posted by daichoukome at 20:50| 知っ得情報

2017年04月24日

「大塚ものがたり VOL49」 商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。「美味縁」さんのマスタ−に、忖度(そんたく)していただきました。 

台湾料理の「美味縁」さんで「エビチリ」をテイクアウトしました。本場の台湾料理をご家庭で・・・。テイクアウト、おすすめです。一人前、980円(税込)です。
最近、テイクアウトすると・・・。お店で食べる時の・・・。倍くらい・・・。辛いです・・・。辛いのが好きなのを・・・。忖度してくれているのでしょうか・・・。
商店街では・・・。顔なじみになると・・・。忖度して・・・、くれるかも(笑)。
お近くの商店街、顔なじみのお店を・・・。作ってみては・・・。如何でしょうか?
美味縁 南大塚3−43−12

posted by daichoukome at 21:26| 知っ得情報

2017年04月23日

「お米の話 其の八」 産地便り 千葉県より・・・。

4月19日現在。もう、田植えが始まっています。品種によって、田植えの時期は変わります。おそらく、早生品種の「ふさおとめ」の田植えかと・・・。進捗率は20%位だそうです。
高齢化による・・・。農地の集約が進んでいると話されていました。去年は、いよいよ収穫の本番・・・。という時期になって・・・。台風の襲来が続き、田んぼによっては、刈り遅れの被害が発生しました。つくづく、自然相手というのは、大変なんだなぁと・・・。思い知らされました。今年も、美味しいお米が収穫できますように。心よりお祈り申し上げます。当店は、日本の農業を応援しています!!
posted by daichoukome at 08:49| 知っ得情報

「東長崎ものがたり VOL62」 商店街で小さな楽しみ・・・、見つけました。完熟八朔(はっさく)、美味しくいただきました!

昨日、果物を買いに、「あらい」さんへ。大好きな「八朔」ですが・・・。もうそろそろ・・・、「甘夏」のほうが・・・。良いかなぁと・・・。旦那さんに、聞いてみたところ・・・。「八朔、美味しいよ・・・」。迷わずに「八朔」を購入しました。味が濃い・・・。感じがしました・・・。完熟の美味しさです!!やっぱり、旦那さんのお勧めに外れなしという・・・。お話でした(笑)。
八朔には、身体に良い成分が多くふくまれています。疲労回復に効く、クエン酸、ビタミンB1。脳に良い、ナイアシン。パントテアン酸は、動脈硬化を予防します。ベ−タカロテン。葉酸。などなど。機能性栄養食品も良いですが・・・。美味しい果物、食べて・・・。元気に頑張りましょう!!
総合食品あらい 長崎4−27−6
posted by daichoukome at 08:31| 知っ得情報

2017年04月09日

「お米の話 其の七」 拝啓 小泉進次郎様 日本の農業の未来について・・・。考えて見ました。

昨年の日経です。2015年度。緊急のTPP対策として、610億円が計上されました。2014年度の3倍だそうです(TPP関連?)。ところが・・・。予算の利用者・・・。いなく・・・。くじ引きで・・・。利用者が決まったそうです・・・・・・。
1993年。一粒たりとも輸入しないという・・・。米の聖域化が見直された、ガットのウルグアイラゥンドの際は、対策費として6兆円が計上されました。そのうちの多くが・・・。使い道が決まらずに・・・・。土地改良に費やされたそうです・・・・。

小泉進次郎様
農家の方達の高齢化対策は、待ったなしです。すでに、酪農では・・・。供給(酪農家)不足により、和牛関連の商品の価格が上昇傾向にあります。和牛が本当に希少なものになる前に・・・、手立てをうつ必要があります。
また、お米も、いつ・・・。そのような状況になるのか・・・。危惧されます。
高齢化対策として、思い切った政策をうつ必要があると思います。
町の米屋の戯言です・・・。
まずは、農業特区を作ります。都市部から、45才〜55才位の方達の就農者を募集します。受け入れ先の住宅やインフラを整備します。健康寿命がのびている事を考えれば・・・20年から30年は・・・・。働けます。セカンドライフの新しい提案にもなると・・・。思いませんか・・・。
自分自身も・・・。都会よりも・・・。自然の中で・・・。生活する事に・・・。若い時より・・・。魅力を感じます・・・。
農業政策の本丸は、農協ではないと思います・・・。
与党、野党、一致協力していただいて・・・。日本の農業を守ってください!!!宜しくお願い致します。

当店は、日本の農業を応援しています!!!

posted by daichoukome at 20:12| 知っ得情報