2019年07月14日

「東長崎ものがたりVOL144」商店街で小さな楽しみ・・・。見つけました。久しぶりのこちらですので・・・。ささき寿司店さんの太巻き寿司。

東京はお盆に入りました。お盆は亡くなった方達がこちら側に帰ってくるという風習です。お彼岸はあの世とこの世が近づくと考えられています。亡くなった方達に思いを寄せる・・・。とても良い日本の風習だと思います。
お盆。お彼岸。命日。兄と伯母の仏壇にささき寿司店さんの太巻き寿司をお供えさせていただいています。お店とゆかりのある・・・。美味しい地元の物を・・・。食べてね・・・。という思いです・・・。
「仏様にあげてね・・・」。義姉に渡すとき・・・。大長惣菜店、東長崎店を切り盛りしてくれていた・・・。51才で旅立った兄貴の姿が目に浮かびます・・・。仏様になんかならなくていいのに・・・。淋しくなります・・・。
ささき寿司店 南長崎5−31−7
posted by daichoukome at 09:22| 知っ得情報